筆文字アート講師養成講座

完全個人レッスンで資格が取れる!

 2か月間 みっちり学んで 筆文字アート講師に!

〇づけ筆文字アートの開発の動画をご覧ください。←ここをクリック

講師になるつもりのない方も、資格は抜きでこの講座を学んであります。

自己肯定感が高まって人生がスムーズに進み出します。

世間一般で行われているような、皆に同じ動画や教材を渡して
同じ学習を進めるという講座ではありません。

あなたの学びやすい方法で「筆文字アート」のカリキュラムを編成します。

マンツーマンの個人カウンセリングであなた専用指導要領を作成します。

習字経験のある方には個性的な文字のデザインの方法を
習字経験のない方には筆ペンの使い方をゼロからお伝えします。

講師希望の方は資格取得後、自宅や貸会場で「まるづけ筆文字アート教室」を開けます。

ただの観賞用「筆文字アート」ではありません。

自然にあなたの心が成長する講座です。

通学講座と同じ内容を通信講座で学べる!

他社通信講座との違い

・あなたのレベルに応じてスタートラインを設定します。

習字や書道経験のある人と、まったくのゼロからスタートする人では
教える内容も、スピードも違います。

・同じサンプルを皆で見るのではなく、
 あなたの個性を生かしたデザインを提案します。

この課題は苦手だからスルーしたい。
この課題は好きだからもっと深めたい。など
個性に応じたレッスンを展開します。

・提出課題も各受講生に応じたものになります。

講師資格を取ってプロになりたい人と
自分の心を整えるために筆文字アートを始めた人とでは
そもそもの目標設定が違ってきます。

・状況に応じて課題提出は延長できます。

仕事で忙しい人、育児や介護で自由時間が取れない人、
受講生にはさまざまな事情があります。
そんな人も安心して学べるよう期限は関係なしで添削します。


なぜ通学講座と同じ価格?

教室で学ぶよりも通信講座の方が安そうに思われますが・・・

他社の通信講座の場合は 全員が同じテキスト、誰もが同じ内容だから講師の手間がかからないので安くなっています。

この「筆文字アート講師養成 通信講座」は
一人一人に違った内容で指導、メールや電話で直接の会話、個別に文字デザインの提案など、とても時間を使っています。

教室内で完結する「通学講座」よりも、講師の関わる時間も頻度も大きいのです。

そして、他校との大きな違い

この講座は
脳科学と○づけカウンセリング、色彩心理学を融合させた
まったく新しい筆文字アートセラピーメソッドを使って学習していきます。

ただの「筆文字」ではなく、自分の心と向き合う
無理のないメンタルケアにつながります。

筆文字アート講師養成 通信講座  88600円
内訳
・講座代・・・・78000円
・材料費、スタートキット、セラピー用アロマなど・・10600円

分割払い希望の方はご相談下さい。

筆文字アート講師になったら

筆文字アーティストとして活動できます。
作品を販売したり、自由に創作活動ができます。

・自宅サロンを開けます。
1メソッドは50分程度
価格はあなたが設定できます。もちろん無料でボランティアもOKです。
ご自宅やカフェでお茶会を開いてお友達にセッションしてみませんか?

・筆文字アート講師として活動できます。
・「アート書」や「筆文字アート」を自由に価格設定して販売できます。

資格をご希望の方に
「筆文字アート講師」認定証が発行されます。
・筆文字アートの資格認定証があることでお客様の信頼度が上がります。 
認定証発行:3000円
講師登録費:4000円

講師年会費:翌年から4000円の年会費になります。


筆文字アート教室の講師になるための講座ですが・・・

ただ、「教室開催だけでいい。セラピーの勉強は要らない」と思っている方も
他の受講生の迷惑になる生徒さんへの対応の仕方や
「あそこはとても良い筆文字アート教室」と評判になるために
セラピーの勉強は必要です。

途中から「筆文字アートセラピスト養成講座」に、編入することができます。
筆文字アートセラピストになると[カラーセラピー]と[アートセラピー]ができるようになります。

※ まったくセラピスト経験の無い方には、心理学のゼロから学べる「アートセラピスト養成講座」をお勧めします。本講座と平行に学ぶことでレベルアップが加速します。


もちろん「講師になる気はないけど筆文字アートの勉強をしたい!」
という方にもお勧めです。
趣味としても高レベルで創作できる方法をお伝えしますので
自室に飾ったり、お友達にプレゼントして喜ばれる「筆文字アート講師養成講座」をお楽しみ下さい。

筆文字アート講師養成講座お申込みフォーム

コメント欄であなたの現状をお知らせ下さい。
( 年齢、職業、筆ペンを使ったことがあるか、など・・)


携帯電話もしくは固定電話